自動車保険の平均相場辞典

知らないうちに高い保険料を払ってませんか?保険料の平均相場を知るだけで節約できますよ!

イオンの自動車保険見積もりプレゼントは利用して大丈夫?

      2017/08/09


イオンの自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンは本当に利用しても大丈夫でしょうか?イオンの見積もりに限らず、自動車保険の見積もりにはyahooポイントやpontaポイント、クオカードや図書カードなどのプレゼントキャンペーンを開催しているところがたくさんあります。ですがこのプレゼントキャンペーンちょっと注意したほうがいいかもしれません。

イオンの自動車保険見積もりプレゼントの詳細

今現在のイオンの自動車保険の見積もりキャンペーンの詳細はこのようなものでした。

イオン経由でソニー損保見積もり→申し込み 図書カード最大1000円分
イオン経由でセゾン(おとなの自動車保険)見積もり→申し込み 図書カード最大2000分
イオン経由でSBI損保見積もり→申し込み 図書カード最大1500円分
※2016年8月現在のキャンペーンになります。

一括見積もりなどで自分にあった自動車保険を探した後でこういったイオンのキャンペーンで申し込みするのは良いと思います。ですが図書カードがもらえるからといって高い自動車保険に加入してしまうと結局損をするケースもありです。

私の条件での場合、セゾンとソニー損保、SBI損保の保険料の価格差は約2万0000円です。図書カード1000円ちょっとの分に目がくらむと年額で2万円高い保険料を払うケースがあることになります。最低でもこういったキャンペーンを利用する前に、下調べとして一括見積もりをするのがおすすめです。

プレゼントキャンペーンの中にはあとから電話勧誘がうるさいケースも・・・


イオンの自動車保険見積もりキャンペーンは大丈夫だと思いますが、この手のプレゼント付きの自動車保険の見積もりの中には、利用後に保険関連商品の勧誘の電話がかかってくることがあります。たとえば車の査定などは勧誘がひどいですよね。キャンペーンを利用する前に口コミなどで迷惑勧誘がないか調べてみるのをおすすめします。

私のおすすめは一括見積もりのインズウェブになります。今までで5回以上一括見積もりを利用しましたが、インズウェブが電話勧誘がないので非常に便利です。今回のイオンの見積もりプレゼントキャンペーンに含まれているSBI損保やソニー損保も一括で見積もりができるのでおすすめです。下調べとしてインズウェブで一括見積もりをしたあとにイオン経由で申し込みが一番お得に自動車保険を契約できるでしょう。

5万2千円も保険料が下がった!車の保険インズウェブとは?

インズウェブで、5万2千円も安い自動車保険を探すことができました!

見積もりの流れや、インズウェブの使い方を紹介しています。自動車保険料をお得にしたいなら、ぜひチェックしてみてください。

年間保険料が1万円代!ネット自動車保険の相場はいくら?

自動車保険料を払い過ぎていませんか?

30代なら年額1万円代の自動車保険があります。自動車保険の本当の相場を紹介していますので、参考にしてみてください。

自動車保険の新規加入の相場とおすすめの見積もり方法

保険料の計算方法が少しだけかわる新規契約。

乗り出しの費用を抑えるために自動車保険料をしっかり節約しましょう。