自動車保険の平均相場辞典

知らないうちに高い保険料を払ってませんか?保険料の平均相場を知るだけで節約できますよ!

ソニー損保の日常事故解決費用特約の3つの注意点

      2017/08/08


ソニー損保の日常事故解決費用特約。この特約の三つの注意点について解説したいと思います。ソニー損保に限らずこの手の自転車事故など日常事故に対応している自動車保険は多いです。ソニー損保の日常事故解決費用特約について解説しますのでぜひ参考にしてください。

そもそもソニー損保の日常事故解決費用特約とは?

少しややこしいのですが、日常事故解決費用特約とは、「自動車事故弁護士費用等補償特約」「日常事故弁護士費用等補償特約」「日常事故賠償責任補償特約」がセットになった特約です。

三つがセットになったソニー損保の日常事故解決費用特約ですが特徴は大きく二つ。自動車事故以外の事故でも「弁護士費用負担」「損害賠償された時の保障」がつきます。要は歩いている時に自転車がぶつかり怪我をした場合でも弁護士費用。加害者の場合は損害賠償を負担してもらえることになります。

自転車事故にも対応したソニー損保の日常事故解決費用特約ですが意外と便利なのが「弁護士費用負担」です。仮に自転車がぶつかり怪我をした場合、交渉を自分でしなければなりません。怪我をしながら自分で交渉をするのは面倒ですよね。かといって自分で弁護士を雇うのも面倒です。もしもの時に弁護士に間をとりもってくれるのが日常事故解決費用特約になります。

ソニー損保の日常事故解決費用特約の3つの注意点


自転車事故にも対応しとても便利な特約なのですが、ソニー損保の場合は注意点があります。「示談代行がない」「他社と比べ保険料が高くなること」「賠償金の上限が5000万まで」の3つです。ソニー損保では日常事故解決費用特約を付けるとかなり保険料が上がります。他の自動車保険と比べても割高です。また賠償額の上限5000万円というのも少なめ。似た特約を持つ他社では3000万〜無制限まで設定されています。さらに示談代行がないのも痛い点です。自身で行うか弁護士に頼むしかありません。

日常事故解決費用特約がどうしても必要な場合は、ソニー損保以外の選択肢も見てみましょう。保障が厚いのはセゾンの大人の自動車保険や日本興亜損保ですし、金額重視で選ぶならアクサダイレクトやSBI損保がおすすめです。各社で見積もりをしてみるのが良いでしょう。

各自動車保険会社に見積もりを出すならインズウェブの一括見積もりが便利です。ソニー損保を含め最大21社に対応していますし、車検証と走行距離さえわかれば5分程度で見積もり結果を知ることができます。電話勧誘などの煩わしいことも無いのでおすすめですよ。

5万2千円も保険料が下がった!車の保険インズウェブとは?

インズウェブで、5万2千円も安い自動車保険を探すことができました!

見積もりの流れや、インズウェブの使い方を紹介しています。自動車保険料をお得にしたいなら、ぜひチェックしてみてください。

年間保険料が1万円代!ネット自動車保険の相場はいくら?

自動車保険料を払い過ぎていませんか?

30代なら年額1万円代の自動車保険があります。自動車保険の本当の相場を紹介していますので、参考にしてみてください。

自動車保険の新規加入の相場とおすすめの見積もり方法

保険料の計算方法が少しだけかわる新規契約。

乗り出しの費用を抑えるために自動車保険料をしっかり節約しましょう。